アルミ

研磨加工の技術

ホーニングは砥石を取り付けた回転工具で円筒の内面を研削する加工技術で、真円度や面精度に優れていることが特徴です。しばしばエンジンのシリンダーなどに用いられますが、少量生産の場合には熟練が必要になります。
アルミホイル

使いやすさが魅力

アクリル板は、軽くて透明感があり、形を変えるような加工がしやすいという大きなメリットがあります。何かを作る際に、デザインなどを考えつつ機能性も追求するのであればこうした素材を利用してみるのが良いでしょう。
アルミ板

利用する前に

E-CM500Sを利用する目的は、カメラの色補正をしたいからです。微妙な色の違いにより全く違う映像が出来上がってしまうため、E-CM500Sを上手に使うことはとても大事になってくるでしょう。主に法人などが購入する商品の一つになります。
アルミ

光学機器の必需品

E-CM500Sはカメラに取り付ける光学フィルターで、薄いシアンに彩色され、赤色光や近赤外線を吸収する作用を持っています。露光計の感度を調節し、人の目で見たものに近い画像を撮影するために活用されています。
アルミフレーム

色を補正したい

E-CM500Sを利用したい場合には購入する必要がありますが、最近はインターネット上などで比較的安く購入できるようになっています。ただ素材自体はなかなか精密なつくりをしているため、1枚当たり\20000を切ることはあまりありません。

製品について

アルミキャスト

特徴と鋳造方法について

アルミキャストはアルミニウムでできた鋳物のことで、アルミニウムを溶かして流し込むため、さまざまな形と模様にすることができます。アルミキャストに使われているアルミニウムは地球上で酸素や珪素に次いで3番目に多い元素で、発見されてから200年しかたっていない元素です。アルミニウムは軽さと強さ、耐食性や無毒性、電気や熱の伝導率の良さなどを備えた金属であるため、他の金属と合わせた合金の材料として利用されています。アルミキャストは他の鉄鋼材料の鋳物と比べて軽量で、銅やマグネシウムなどと合金することで強度を高めることができ、重量は鉄よりも軽いという特徴があります。また、優れた熱伝導性や無毒性、非磁性などからエンジン部分や調理鍋、電気機器などに使われています。アルミキャストの鋳造方法は砂型鋳造やグラビティーと呼ばれる金型鋳造、ダイキャスト鋳造の3つです。砂型鋳造は木型や樹脂型などの型で造形する方法で、大型の鋳物に適しており、金型鋳造は鉄製の型で製造する方法で金型が丈夫な鉄であるため金型費用が安いです。この金型鋳造は外観形状を一定の形のまま維持するのが用意で、継続して同じものを生産するのに向いています。ダイキャスト鋳造は鉄でできた型にアルミニウムを圧力で流し、アルミキャストを生産する方法です。この鋳造方法は高い寸法精度により、後の工程で加工を減少させることができるため大量生産に向いており、自動車関連部品などを製造するのに用いられています。

Copyright© 2019 アルミキャストの特徴などについて説明します。 All Rights Reserved.